JAMTAイメージ

JAMTA 一般社団法人民泊観光協会 Japan Minpaku Tourism Association

“まちと共にいきる民泊へ”
JAMTAは全国の仲間と一緒に、民泊の豊かさを育て、
国や自治体と連携し、ルールづくりに働きかける一般社団法人です。
JAMTA をより詳しく

入会案内

teamイメージ
JAMTAでは、私たちのビジョンと活動に賛同していただける会員を募集しております。

トピックス

お知らせ
冊子掲載のお知らせ「住宅宿泊事業(民泊)を始める方へ」
 観光庁の民泊制度ポータルサイト”住宅宿泊事業を始める方へ”(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社による)の冊子作成に協力依頼をいただき、JAMTA支部メンバーの活動が掲載されました。 ・特定非営利活動法人くにたち農園の会 理事長 小野淳さん:ここたまや  (6ページ「まちに溶け込むコンセプト」) ・片岡大輔さん:よるのね  (7ページ「家主に会いにいく」)  ・海谷隆義さん:sea side stay  (7ページ「地域の文化を楽しむ」)冊子はこちら(PDFが表示されます)民泊制度ポータルサイトはこちら(観光庁のサイトへ遷移します)
2022 06 20
お知らせ
保護中: 第3期定時社員総会
第3期定時社員総会資料 完成版
2022 05 27
お知らせ
「デジタル田園都市国家構想の推進に向けた民泊の促進」に関する共同提言を公表
当協会は、一般社団法人シェアリングエコノミー協会、一般社団法人住宅宿泊協会、一般社団法人ファームステイ協会との共同提言「デジタル田園都市国家構想の推進に向けた民泊の促進について」を自民党デジタル社会推進部へ公表いたしました。当協会では、今後も民泊を通した交流や地域コミュニティを育て、民泊の健全な運営と、シンプルなルールづくりに働きかけて参ります。「デジタル田園都市国家構想の推進に向けた民泊の促進」共同提言プレスリリースはこちらから。
2022 05 16
お知らせ
Z世代が考える「宿」オンラインセミナー@2022.03.17.14:00~16:00
セミナーお申込みはPeatixから(クリックするとPeatixに移動します)今回は学生が主体となってのセミナーになります。初めてまちなかの民泊に宿泊した体験、Z世代の旅に関する意識調査、学生団体が運営する民泊、パートナーが学生時代に民泊を運営していたOBなど、興味深い話となっています。ご参加をお待ちしています。
2022 03 10
お知らせ
確定申告講座のお知らせ
シェアリングエコノミー協会主催の確定申告講座が2月15日19:00-21:00に開催されます。(当協会は確定申告サポーターとして後援)お申し込みはpeatixより。【副業・フリーランス・シェアワーカー向け】はじめての確定申告講座(オンライン配信・参加費無料) https://kakuteisinkoku2022.peatix.com
2022 02 09
お知らせ
TRAVEL JOURNAL ONLINEに掲載されました
2021年11月16日開催、当協会主催オンラインセミナー「持続可能なまちづくり―民泊にできること 第3回ガイドツアーとまちづくり」のゲストスピーカー「知床ナチュラリスト協会創業者」藤崎達也氏のご講演がTRAVEL JOURNAL ONLINEにて掲載されました。(2022年1月31日配信)記事はこちらから ※TRAVEL JOURNAL ONLINEに移動します。
2022 02 07
お知らせ
【オンラインイベント】11月16日火.14:00-16:00「第3回 ガイドツアーとまちづくり」
 マスツーリズムからサステナブルツーリズムへ、観光や旅行の価値観は、日本だけでなく世界においても変わりつつあります。単にモノや資源を消費する旅から、旅先の地やそこで生活する人々を知ることへの旅に変化しています。来訪者が旅先で出会う人々と対話し、つながりを創り、その地に生活する人々が過去から紡いできた伝統や文化を伝えるために、ガイドツアーが果たす役割とは何でしょう。現地の人の立場、旅人の立場、ガイドの立場になって考えたいと思います。今回は、「第1回SDGsの自分ごと化」でご登壇頂いた大和田順子氏に10ミニッツ・ディスカッションでご参加いただきます。お申込みはPeatixから!
2021 11 10
お知らせ
旬刊旅行新聞に掲載されました
9月15日に開催されたオンラインセミナー「持続可能なまちづくり 民泊にできること」第1回 SDGsの自分ごと化、が旬刊旅行新聞に掲載されました。(2021年9月28日配信)記事はこちらから 旅行新聞に移動します。
2021 09 28
お知らせ
【オンラインイベント】「第2回 責任ある宿・旅行者になるためのヒント」責任ある観光“レスポンシブル・ツーリズムを考える
「持続可能なまちづくり―民泊にできること」第2回 責任ある宿・旅行者になるためのヒント UNWTO (国連世界観光機関 The World Tourism Organization of the United Nations)は、持続可能な観光を実現するためには、国連、政府、観光部門だけではなく観光客も連帯して取り組むことが不可欠だと述べています。旅を提供する側、享受する側、それぞれの立場に立って価値のある観光とは何かを考えるときがきました。責任ある観光“レスポンシブル・ツーリズム”とは?私たちにできることを考え、話し合いたいと思います。今回は、「第1回SDGsの自分ごと化」でご登壇頂いた大和田順子氏に10ミニッツ・ディスカッションでご参加いただきます。お申込みはこちらから (Peatixのサイトに移動します)
2021 09 22